オーダーカーテンと既製品の違い

既製品とオーダーカーテンの違いは、9,800円と50,000円のコートの違いみたいなものではないでしょうか。いいものを長く着る、または安価なものをサイクル短く着る。と考えるとイメージしやすいと思います。
カーテンは10年以上使うもので、普段は意識しない方が多いと思います。その為、いざカーテンを選ぶとなると何を基準に選んで良いかわからないという方がおられます。カーテンを選ぶ基準は個人個人ちがいがありますが、カーテンを選ぶときの一つの方法として洋服に例えて考えてみてはいかがでしょうか?

オーダーカーテンの特徴

  • サイズや仕様を全てオーダーメイドできる
  • サイズ→窓にピッタリのものができる
  • 仕様→フックのつけ方種類、ヒダを増やしたりなくしたり
  • 選べる生地の種類が豊富で素材やデザインを楽しめる
  • 日本で1つ1つ丁寧に縫製される為品質がよい(海外縫製ではない)
  • 出窓など特殊な窓にあうカーテンができる
  • 高級感がある価格が高いものもあるが、比較的安価なものもある

その反面
高いイメージがある
たくさんありすぎてどれがいいかわからなくなる

既製品の特徴

  • 価格が安い
  • 最近では細かくサイズが選べ、デザインもある程度選べるようになった
  • 手軽に買える

その反面
ちょっとこだわりたい方は物足りない
ピッタリなサイズがない
安物に見える(生地の質・縫製の質がよくないものが多い)
縫製の質がよくない場合傷みやすい

オーダーカーテンの価格について

新築にカーテンを付ける場合、オーダーカーテンはカーテンの生地・縫製仕様や、窓数によって価格が変わりますが、3LDKの戸建てで約20万円~のご予算が取付の目安となります。この場合カーテン生地の選択が狭くなるので、もう少し生地を選びたい方は約30万円~の予算を目安にされるとよいと思います。


相談無料! 事前調査無料! 見積無料!

まずはお気軽にご相談ください!

今すぐ電話する
今すぐメールする